蝉になりたい

やりたいことを毎日少しずつやっていくためのブログ

冬季うつについて

最近テンションのアップダウンが激しい。

毎年冬になるとこうなります。

セロトニン足りてないんだろなーとぼんやり思っていましたが、

今年初めてこの症状について調べてみました。遅いかも。

 

冬季うつ病季節性情動障害ウィンターブルーなどというそうです。

原因はやはりセロトニン不足

冬になると日照時間が短くなるためみたい。

 

 

セロトニンというのは神経伝達物質ですね。

これは日光を浴びることで生成されます。

役割は、ストレスを軽減したり穏やかな気持ちにさせてくれたり。

セロトニンが足りないと憂鬱な気分になったりします。

また、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの量はセロトニンの量に比例します。

セロトニンが足りないと質の良い睡眠がとれなくなってしまう、ということですね。

 

この辺りは解剖生理学やらの授業で習ったなぁ。懐かしい。

 

 

さて、冬季うつの話に戻ります。

症状としては、まず前提として憂鬱な気分になること。

他が少し面白くて、食欲が旺盛になり睡眠時間が長くなりがちです。

人間の冬眠のようだと感じます。

 

さて、原因はひとえにセロトニン不足にあります。

そのため、治療法は日光を浴びることです。

 

薬ではありません。

日光でなければ、照射機のようなものを購入しそれを使うことになります。

それが冬季うつの治療法です。

一般的な建物の中の光では、とても量が足りないようです。

病院に行ってもいいですが、これは病気ではないと思います。

必要なのは薬やカウンセリングではないのです。

 

朝起きたらすぐにカーテンをしっかり開けましょう。

時間があるのであれば、少しでも日に当たってみましょう。

近所を散歩してもいいし、一駅歩いてもいい。

昼休みに外で食事をしてもいい。

午前10時くらいまでが望ましいけれど、いつでもいいです。

日向ぼっこをすると少し楽になります(これはただの経験談です……)

 

ゆうメンタルクリニックの漫画もありましたのでリンクを貼ってみます。

yuik.net

 

 

 

ちなみに私は、今月中旬くらいにきました。

ここに書こうと思っていたこともほとんど進んでいません。

 

憂鬱なことばかり考えてしまったり、

仕事中に急に涙が出そうになったり、

動くのもしんどくて何もしたくなくなったり、

駅で突然ひどい憂鬱感に襲われて叫びだしそうになったり。

(このときはWALKMANの音量を最大まで上げて思いとどまれた)

昔は躁鬱っぽい時期があったためか、上がったり下がったりです。

 

仕事のやる気もなくなって、付き合っている人のこともどうでもよくなって、

ああ、憂鬱ってこんなだったなぁ。と思い出しました。

最近は環境が変わってかなり元気だったので、忘れてました。

人って忘れるんだなーと。

憂鬱なときは元気なときの感覚がわからなくなるし、

元気なときは憂鬱なときの感覚はもう忘れてしまう。

 

 

私は最近朝が早いので、通勤時に光を浴びません。

日没寸前くらいに帰ることもありますが、夜に帰ることもあります。

職場には窓が一切なく、太陽の光は入ってきません。

最近は休憩時間に散歩をしたりもしていますが、

正直休憩時間がある日の方が少ないです。

食事も職場でとります(というか周りに何もない。コンビニすらない)

 

原因としてこの辺かなーと思っています。

なんかわかりやすいですね……。

高校生くらいからではあるんですが。去年なんかは楽だったので。

 

無理しない程度に散歩などで改善していこうと思います。

原因がわかってしまえば少し楽ですよね。

春になれば治るんだし。

ちなみに女性の割合が圧倒的に多いようです。

 

 

 

そういえば。

いつも通り敬語で書くほうが楽だなって思いました。

ライトノベルを書いてみたい

来年中にやりたいことのひとつ。

ライトノベルを書きあげてみたい。

 

 

私は子どものころから小説を読むのが大好きだった。

結構なんでも読む。

ミステリーでもSFでも恋愛でも。

あ、ファンタジーはあまり読まないかな

 

京極夏彦森博嗣伊坂幸太郎みたいのも好きだし、

桐野夏生森村誠一真山仁山崎豊子も好き。

最近読んで感動したのは安部公房とかレイ・ブラッドベリとか。

日本作家やミステリーが多いかな。

 

そして思うわけです。

自分にも何か書けたらなーと。

 

 

そこで何故ライトノベルにいくんだ、という話だ。

私にもよくわからない。

 

友人と二人でなんとなくの話を考えて、

それを煮詰めていって、

そしたら一般よりラノベの方が向いてる内容になったから。

 

ラノベあんまり読まないのでこれいいのかなーという気も…

自分で書いて楽しめそうなのは一般よりラノベかもっていうのも。

ちなみに読んだことあるのは

バカテス、はがない、人衰、物語くらい?借り物ばっかり。

 

 

いまは20ページくらい。

基本は友人がストーリーを考えて、

話し合ってそれを練って流れを考えて、

大まかなプロットを作る。

そのプロットを元に私が書いていく。

 

書くのってとっても難しくて、

いつも読む小説の作家は本当にすごいと改めて尊敬する。

 

書き上げたらどこかの新人賞に応募してみたい。

しかし1時間かかって1ページしか書けないなんていつものこと。

完成する日はくるんだろうか?

映画を観る

最近、ときどき映画を観ている。

去年までは全く観なかった。

レンタルしに行くというのも面倒だし、特に観たい映画というものもなかったからだ。

ローマの休日やらカサブランカやら、家にある古い映画のDVDをたまに観るぐらい。

麗しのサブリナが好きで、そんな同じ映画を何度か観たりしていた。

 

しかし、最近Amazonのプライム会員に登録した。

プライムビデオで色々な映画が観られる。

ついでに母がNetflixに登録していたのでアカウントを作らせてもらった。

(家族などが既に利用しているならば、無料でNetflixが利用できる)

 

タイトルの数に限界はあるものの、かなりの映画を気楽に観られる。

正直すごく便利です。

 

好きなところでスマホで観られるし

普通にPCで観てもいいし

HDMIケーブルで繋げばTVで観ることもできる。

 

私のPC(SPECTRE)にDVDドライブがないというのもあるけど、

ネット環境さえあればすぐに観られるというのはとても魅力的。

 

 

 

というわけで、1年間の目標として映画を100本観ることにした。

思い立ったのが12月なので正確に言えば13か月になるが。

 

私からすると、100本というのはとても多く思える。

しかし計算してみると週2本ペースだ。

私は読書が好きで、去年だかは1年間に100冊以上読んだりした。

それを考えると、観たい映画さえ尽きなければ案外いけそうだ。

 

 

映画が面白いことを知ったというのもあるけれど、

皆結構映画は観ているので話題になる。

私にとっての小説のように、人と好みや作品について話し合ったりしてみたい。

それが100本観ようと思ったきっかけです。

 

 

というわけで、今日はショーシャンクの空に鍵泥棒のメソッドを観た。

ショーシャンクの空には本当によくできていた。

文句なしに素晴らしい。

いい映画というのはこういう映画のことを言うんだなぁ。

鍵泥棒のメソッド伊坂幸太郎の作品っぽい雰囲気。

コメディではらはらするところもあって面白かった。

 

今はミュージカル映画のヘアスプレーを観てます。

せっかく東京にいるんだから、どこかの名画座にも行ってみたいな。

はじめまして

たかしろ  けいです。

 

今まで何も頑張ったことのない人生だったので、一年間でどれだけ頑張れるかなと思ってこれを書きはじめました。

このブログは、色んなやりたいことを、少しずつでもいいから続けるためのモチベーション維持としての役割が大きいです。

趣味でさえだらだらして続けられないダメ人間なんで、自分の楽しみたいことも含めて具体的に目標を設定しつつやっていきます。

 

 

 

ところで、私には尊敬する人がいます。

年齢はもう70になりますが、その人のように生きたいと思っています。

 

よく働き、よく遊ぶ。

外見がいい。(顔の造形の話ではなく)

色んなことをよく知り、色んなことを楽しめる。

 

そんな人になるために、色々なものに触れていきたいです。

 

仕事はもちろんがんばるので…!

まずは初心者止まりの色んな趣味から…!